【今すぐお金を借りる】賢い人の金融会社の選び方

ヘッダー

”金融会社の三拍子”を意識しよう!

お金を借りるとき、サービスやニーズが自分にあった金融会社を選びたいもの。そこで参考にしていただきたいのが、”金融会社の三拍子”です。
人気・口コミを参考に最短即日・低金利・無利息の観点から消費者金融・銀行をランキングにしました。

お金を借りるオススメ金融ランキング

プロミス
カードレス+時間のない
はじめてなら、やっぱり安心のプロミス!

WEB契約なら即日融資も可能
50万円以下は収入証明書原則不要
初めてなら30日間無利息
実質年率4.5%〜17.8%
お近くの銀行やコンビニでも利用できる!

ご融資額 最高500万円
実質年率 4.5%〜17.8%
その他 初めてなら30日間無利息→詳しくはこちら
モビット
LPバナー 200x200
安心の三井住友銀行グループのモビット

電話・郵送なし→誰にもバレずに借りれる
10秒簡易審査
最高800万円:ゆとりの大型ローンで使い道自由

ご融資額 最高800万円
実質年率 3.0%〜18.0%
その他 電話・郵送一切なし→詳しくはこちら
アコム
アコム
30日間金利0円サービス実施中!
ご融資額 1~800万円
実質年率 3.0~18.0%
その他 むじんくんで誰にもバレない
楽天銀行カードローン
安心の楽天銀行カードローン
ご融資額 最高300万円
実質年率 4.9%〜14.5%
その他 収入証明不要
オリックス銀行カードローン
おまとめ借り換え

おまとめローンに最適
300万円まで所得証明書不要
来店・口座開設不要

ご融資額 最高800万円
実質年率 3.0~17.8%
その他 おまとめローンに最適
即日も可能な消費者金融
女性・主婦の方がお金を借りるならこちらです。
低金利・無利息でお金を借りる
おまとめローン・大口融資を希望の方はコチラ
女性の専用キャシング
どこからもお金を貸してくれない方はコチラ

お金を借りる基礎知識

「今すぐにお金が必要」
こういう場面は誰もが経験することです。しかし
どこでお金を借りるのか(銀行か消費者金融なのか)
どういう種類があるのか(無利息・無金利・最短即日など) お金を借りる時にちょっとした知識があるのとないのとでは、返済額に大きな差が生じてしまいます。借入金額によっては数万円損をするという例も少なくありません。
ここでは、あなたのニーズに合った最適なお金を借りる方法を解説しています。
以下、目次です。
  1. 携帯電話・スマホから申し込むことが可能に
  2. 本人確認証明書を事前に準備しましょう
  3. すぐにお金を借りるなら「銀行よりも消費者金融」が早い!
  4. 早くお金を借りるなら「利用希望額」を必要最低限にしましょう!
  5. 無人契約機を使う時の注意点
  6. いま持っている銀行口座を利用

  7. 携帯電話・スマホから申し込むことが可能に

    現在は、携帯電話・スマートフォンからの申し込みが大変便利です。WEB(携帯電話・スマートフォン)での申し込みにより、スムーズな審査を可能にしました。すぐにお金を借りたいという方は、WEBからの申し込みをおすすめします。プロミスやモビットでは、最短1秒〜10秒の自動審査というものもあり、すぐにお金を借りたい人に素早く対応しています。電話をしたほうが、勝手が良いような感じがしますが、30分以上待たされたという経験談もあります。
    まとめ
    スピード・利便性を優先するなら携帯電話・スマートフォンからの申し込みがオススメです!

    本人確認の証明書を忘れずに用意する

    借り入れを行うには本人確認用の証明書が必要となります。 銀行のカードローンの場合は下記から1~2点、消費者金融の場合は基本的に1点で手続きができます。

    以下が本人確認用に使用できる証明書です

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証
    • 住基カード
    • 年金手帳

    ここに注意!
    住民票は誰でも取得可能なので証明書にはなりません。

    すぐにお金を借りるなら「銀行よりも消費者金融」が早い!

    素早くお金を借りるなら「大手の消費者金融」にするのが賢い方法です。 銀行のカードローンは、>仮審査→本審査→保証会社の審査と三段階の審査がある為、審査だけでも時間がかかってしまうのです。

    そこで消費者金融は銀行のカードローンと差別化を測るために、スピードを重視するという方法を取りました。スピードだけでなく、金利が低く手数料も無料など様々なサービスで銀行と差別化を図っています。最近では30日間無利息でお金を借りることができたり、そのサービスの幅も広がってきております。

    素早く借りれて、サービスも充実した消費者金融は大変おすすめです。デメリットは、銀行でお金を借りるよりもクリーンなイメージがないということでしょうか。銀行でお金を借りるというと、住宅ローンや車のローンと大きな買い物のためという感覚ですが、消費者金融でお金を借りると自由に使うお金が欲しいというようなどこか「ふわっ」とした感じになります。

    そういったイメージが悪くなるといデメリットはあります。そういったイメージを払拭するためにもCMでは人気の俳優さんやアイドルを利用して安心感を得させているのかもしれません。

    しかし、実は消費者金融も根っこは大手の銀行が運営していますから、銀行と消費者金融と名前が違うだけで、大した差はないように思います。素早くお金を借りたいなら、消費者金融(アコム、プロミス、モビット)、銀行系カードローンなら新生銀行カードローンのレイク(銀行カードローンだが、消費者金融と同じレベルの対応が可能)が良いでしょう。
    まとめ
    素早くお金を借りるなら消費者金融(アコム、プロミス、モビット)が早い!銀行系なら新生銀行カードローンのレイク。

    早くお金を借りるなら「利用希望額」を必要最低限にしましょう!

    どうせお金を借りるなら・・・と大きな金額を借りて余裕のある生活を考えてしまいますが、「借りる金額は必要最低限(50万円未満など)」にしましょう。

    というのも、50万円という金額を提示したのは、1件あたりの借入が50万円以上になると、「収入証明書」が必要になってしまい、準備するにも手間がかかります。

    ご自分で準備できる環境であれば良いですが、多くの場合が会社の事務の方にお願いしたりしなければならず、多くの労力もかかります。どうしても大きな金額が必要であれば仕方がありませんが、50万円未満であればその中で収めた方が良さそうです。

    (収入証明書は
    支払調書
    源泉の徴収票
    確定申告書
    給与の支払い明細書
    納税の通知書
    青色申告の決算書
    年金の証書
    所得の証明書
    年金の通知書
    が挙げられます。

    その他にも、50万円以上の利用の場合は審査が厳しくなります。

    機械での自動審査だけではなく人間の目によるチェックも入ってしまいますので、審査時間がとても長くなってしまうのです(2時間程度)。もし50万円以上の借入がすぐに必要な場合には、2社以上から50万未満で借りるという手もあります。(しかし、100万円を超える融資の場合には、どちらにしても収入証明書が必要になります。)

    まとめ
    急いでお金を借りるなら必要最低限(できれば50万円未満)で申し込みをする。

    その日にお金を借りる場合の注意点と自動契約機(無人契約機)を使用すればまだ間に合うというお話

    銀行の営業時間は15時までです。どうしても今日お金が必要だという場合には遅くとも14時には契約を完了していなければなりません。この時間に間に合わなければ、その日のうちにお金を借りることができなくなってしまいます。

    しかし、実は14時に間に合わなくてもまだ大丈夫です。では、どうすれば今日中にお金を借りることができるのか。それは 自動契約機を使用する方法です。この自動契約機であれば多くの金融機関で22時までご利用いただけます。
    <<参考>>
    モビットの自動契約機は21時まで プロミスの自動契約機は22時までご利用いただけます。また、モビットのキャッシュカードをご利用になりたい方は、プロミスの自動契約機でも契約することが可能です。

    これから、14時の契約に間に合わず自動契約機を使うときの手順と注意点をご説明いたします。
    自動契約機での申し込み方法
    【1】インターネット上で借入の申込を済ませる
    (携帯電話・スマートフォン・PCなどから)
    【2】審査完了の電話がかかってくる
    (これから自動契約機に向かうことを伝えると完璧☆)
    【3】必要書類を忘れずに持ち、自動契約機に向かう
    (審査中に自動契約機に向かっておくのが賢い人)
    【4】必要書類の提出と契約を自動契約機で行う
    【5】カードが発行され、お金を借りることができる

    ここで一つ目の注意点です。

    【1】の過程を踏まずに自動契約機に行くと、2時間以上待つこともあるようです。必ず【1】の過程を踏むようにしましょう。

    手順通りに進めることで、自動契約機では書類の提出程度で済みますから、20〜30分ほどの時間で終えることができます。

    さらに、【2】でもお伝えしているように、審査完了の際にかかってくる電話で、「これから自動契約機に向かいます」と伝えたらさらにスムーズにお金を借りることができます。

    まとめ
    14時に間に合わない場合は、自動契約機を使う。インターネットで借入の申込を済ませておくとさらにスムーズ。

    <<参考>>
    自動契約機を利用している消費者金融・銀行系カードローンは次のとおりです。
    消費者金融
    「アコム」・「プロミス」・「モビット」・「アイフル」・「ノーローン」
    銀行系カードローン
    新生銀行カードローン「レイク」
    ※「モビット」は「プロミス」の自動契約機でも契約できます。
    ※「ノーローン」は「レイク」の自動契約機でも契約できます。

    手元に銀行口座があるならもっと便利に!?

    もしこれからお伝えする銀行口座をお持ちならばさらに便利にお金を借りることができます。
    三井住友銀行
    「アコム」・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)
    「プロミス」・・・24時間365日リアルタイムで振込反映される(メンテナンス時間を除く)
    ジャパンネット銀行
    「プロミス」・・・24時間365日リアルタイムで振込反映される(メンテナンス時間を除く)
    ゆうちょ銀行
    「アコム」・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)
    楽天銀行
    「アコム」・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)
    三菱東京UFJ銀行
    「アコム」・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)


    ⇒今すぐお金を借りる方はこちら