今すぐ必要ならカードローン・キャッシング

カードローン・キャッシングの利用方法をレクチャーします!





カードローン・キャッシングの具体的なお金の借り方についてこれからお伝えしていきます。以下、目次となっています。クリックすると気になる記事まで移動します。



申込みは、インターネットが便利☆スマホ・携帯から申し込み可能!

スマホからでも申込可能です!キャッシングの申込みは、スマートフォン・携帯電話からの申し込みが大変便利です。WEBでの申し込みにより、スムーズな審査が可能です。

本日中のキャッシングを希望する方は、借入先を決めたらすぐに申込みをしましょう。銀行が開いている15時までに審査に通過すれば、振込みによるキャッシングも可能です。

(※振込以外であれば、15時を過ぎていても自動契約機が開いていれば即日キャッシングは可能です。)

振込キャッシングは、お手元の銀行口座に直接振り込みが行われるサービスで、カードがなくても借入可能です。自動契約機にわざわざ行く必要がないので、とても便利です。近くに自動契約機がない場合や忙しくて時間が無い方は、ぜひとも利用したいサービスの1つでしょう。

注意

ただし、振込みによるキャッシングは、後日自宅にカードが郵送されます。


妻や旦那、お母さんなど、家族にキャッシングの利用がバレたくないという方は、面倒でも自動契約機に行きましょう。自動契約機に行くことで、その場でカードが発行されるため、郵送物が自宅に届かないようすることができます。(その場で発行とは、自動契約機からあなた専用のカードが出てくる仕組みになっているということです。)絶対に郵送物が届かないようにしたい方は、別に詳しくまとめたのでこちらを参考にしてください。

郵送物なしでお金を借りる方法>>


事前の準備をしっかりと☆本人確認の証明書を忘れずに用意

借り入れを行うには本人確認用の証明書が必要です。銀行のカードローンの場合は下記から1~2点、消費者金融の場合は基本的に1点で手続きができます。以下が本人確認用に使用できる証明書です。

運転免許証

パスポート

住基カード(正式名称:住民基本台帳カード)

年金手帳

健康保険証


注意

犯罪による収益の移転防止に関する法律の改正により、カードローン利用時の本人確認書類の内容が変わりました。法律の改正に伴い、顔写真がついていない証明書は、本人確認書類として利用できなくなってしまいました。具体的には、健康保険証や、年金手帳だけでは本人確認書類として使えなくなってしまいました。



すぐにお金借りたい!即日融資も可能なカードローン

即日キャッシングインターネットの普及に伴い、キャッシング利用者は1300万人以上と言われています。そして、多くの方に利用され人気があるのが、即日融資も可能なカードローンです。

カードローンの多くは、即日融資も可能となっていますが、即日に対応していないカードローンもありますし、時間帯によっては即日融資にならない場合もあります。基本的なことをお伝えすると、振込によるキャッシングを希望するなら、14時まで。自動契約機を利用するなら21時までに申し込み完了することが即日キャッシングができる時間の目安になっています。

(これは、銀行の営業時間が終わる1時間前=14時、自動契約機の営業時間が終わる1時間前=22時という考えです。※自動契約機は、場所によっては21時までのところがあるので注意してください。)

本日中の借入を希望する方は、今すぐこちらからお申込み先を決めるか、即日キャッシングの方法を別に詳しくまとめたのでこちらの記事をご覧ください。即日融資も可能なカードローンと具体的なやり方を説明しています。

キャッシング即日成功ガイド>>


「利用希望額」を必要最低限にするのが審査通過のコツ

審査のコツ
借入額は、必要最低限にしましょう。旅行に行きたいとか、欲しいものがあるとか、ちょっと生活費が足りなくなってしまった場合、5,6万円・・・多くとも20万円あれば十分かと思います。借りたお金は、利子を付けて将来、返済しなければなりません。このことを忘れないようにしましょう。

具体的にお話すると、例えば18%の金利で30万円借りたとしましょう。毎月1万円前後での返済と考えると、完済までおよそ30ヶ月かかる計算です。この場合、完済するまでいくらの利息を払うか計算できますか?30万円の18%ってことだから、30×0.18=5.4で、5万4千円だと計算する。だから、35万4千円を返せばいい。これは、大きな間違いです。

利息は、【利息=借入金額×金利×日数÷365】という計算式に当てはめることで計算できます。

これに当てはめると

金利の計算方法借入金額=300,000円

金利=18%

日数=900日(およそ30ヶ月)

利息=300,000×0.18×900÷365=133,150円


という計算になります。

利息は、借入金額や、借入している期間によっても変わります。こうしたことをしっかりと頭に入れて、きちんとした返済計画を立てて借入するようにしましょう!

ここで耳寄りな情報が1つあります。それは、無利息で借入可能なカードローン会社があるということです。借入金額をすぐに完済できる目処が立っているなら、利息0円でお金を借りることができます。これは知らないと損する情報ですね。無駄なお金を払うことなく、超お得にキャッシングすることができます。このことについても、別に詳しくまとめたので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

無利息でキャッシングする方法>>


自動契約機(無人契約機)を使う場合の注意点(特に時間)

アコムのむじんくんアコムの『むじんくん』はご存じですか?以前、CMで「らららむじんくん、らららむじんくん」とリズミカルで覚えやすいようになっていたので、【自動契約機=むじんくん】と勘違いしている方もいるようです。実際のところ、むじんくんはアコムの自動契約機の名前で、同じようにアイフルでは『てまいらず』という自動契約機があります。

プロミスやモビット、その他の銀行カードローンには名前はついていませんが、多くのカードローン会社ではこの自動契約機があります。この自動契約機ですが、24時間いつでも開いてるわけではなく、営業時間があるので注意が必要です。地域や会社によって多少異なりますが、だいたい朝8時から夜22時までとなっています。特に注意すべきは、22時に閉店なので、ギリギリに入っても間に合いません。申込みを終えた状態で、営業終了の1時間前には自動契約機で手続きが始められるようにしましょう。実際の手順と利用するときの注意点を説明いたします。

自動契約機での申し込み方法

【1】インターネット上で借入の申込を済ませる(スマホ・PC・携帯などから)


【2】審査完了の電話がかかってくる(『これから自動契約機に向かう』と伝えると完璧☆)


【3】必要書類を忘れずに持ち、自動契約機に向かう(この間に審査が行われている。)


【4】必要書類の提出と契約を自動契約機で行う


【5】カードが発行され、お金を借りることができる

注意

【1】の過程を踏まずに自動契約機に行くと、2時間以上待たされたという口コミもあるようです。必ず【1】の過程(インターネットからの申込み)を済ませるようにしましょう。

上記の手順通りに進めることで、自動契約機では書類の提出程度で済みますから、20〜30分ほどの時間で終えることができます。さらに、【2】でもお伝えしているように、審査完了の際にかかってくる電話で、「これから自動契約機に向かいます」と伝えたらさらにスムーズにお金を借りることができます。


参考

自動契約機を利用している消費者金融・銀行系カードローンは次のとおりです。

<消費者金融>

アコム

プロミス

モビット

アイフル

ノーローン


<銀行系カードローン>

新生銀行カードローン レイク

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三井住友銀行カードローン

※「モビット」は「プロミス」の自動契約機でも契約できます。
※「ノーローン」は「レイク」の自動契約機でも契約できます。



手元に銀行口座があるならもっと便利に!?

もしこれからお伝えする銀行口座をお持ちならばさらに便利にお金を借りることができます。

三井住友銀行の銀行口座をお持ちの場合

『アコム』・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)

『プロミス』・・・24時間365日リアルタイムで振込反映される(メンテナンス時間を除く)


ジャパンネット銀行の銀行口座をお持ちの場合

『プロミス』・・・24時間365日リアルタイムで振込反映される(メンテナンス時間を除く)


ゆうちょ銀行の口座をお持ちの場合

『アコム』・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)


楽天銀行の銀行口座をお持ちの場合

『アコム』・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)


三菱東京UFJ銀行の銀行口座をお持ちの場合

『アコム』・・・振込実施時間が夜7時まで延長されます。(初回限定)



そもそも、いくらまで借りることができるの?

そもそも、いくらまで借りることができるの?基本的には、個人の年収によって限度額が決まります。消費者金融でキャッシングする場合、年収の3分の1までは借入可能です。具体的には、例えばあなたの年収が300万円であれば、限度額は100万円となります。これは、消費者金融では賃金業法という法律に則っているため、『総量規制』という法律があり、年収の3分の1までしか借入できないと定められているためです。

ところが、銀行のカードローンの場合、銀行法という法律に則っているため、総量規制の『対象外』となります。今現在、あなたがもし年収の3分の1以上の借入を希望しているのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンを利用しましょう。ただ、借入には審査があるので希望する金額をキャッシングできるかどうかはわかりません。実際に審査に申し込みをしてみましょう!銀行カードローンについて、別で詳しくまとめたので気になる方はこちらのリンクを辿ってください。

総量規制対象外(銀行カードローン)でお金を借りる>>

銀行・消費者金融以外のお金の借り方

これまで、手軽に申し込みができる消費者金融や銀行のカードローンについてお伝えしてきました。

ここからは、銀行や消費者金融以外のお金の借り方についてお伝えしていきます。これからお伝えすることは、銀行や消費者金融に比べると、手続きが複雑なものもありますし、審査通過までに時間もかかります。しかし、例えば公的機関からの借入は、金利が低い場合も多く大きなメリットになるはずです。時間的に余裕がある方は申し込むと良いかもしれません。

目次をご覧頂き、気になる記事があればクリックしてください。


クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードのキャッシング枠

これからお話することは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法ではありません。(法律的にグレーゾーンな為、おすすめできません。)

もし、クレジットカードをお持ちでキャッシング枠が使えるのであれば、それを利用することも1つの手です。ただし、現時点でキャッシング枠がない場合は、キャッシングを利用するために審査の申し込みをしなければなりません。各クレジットカード会社のキャッシング増枠の方法・審査期間については、お手元のクレジットカードの公式サイトからご覧いただくのが確実です。

クレジットカードのキャッシング枠は賃金業法に則っているため、消費者金融のカードローン・キャッシングと同じです。すぐにお金が必要で今すぐ借りたいと考えているなら、カードローンを申し込んだ方が早くキャッシングの利用ができる可能性が高いです。

注意

ただし、もしあなたが消費者金融のカードローンの審査に落ちている状況で、『クレジットカードのキャッシング枠なら作れるかもしれない!』と期待しているのであれば、残念ながらクレジットカードのキャッシングの審査にも落ちてしまう可能性が高いです。(消費者金融の会社もクレジットカードも照会している信用情報は同じところだからです。)消費者金融も落ちて、クレジットカードでも審査を落ちて・・・と繰り返し申込みをしていると、あなたの信用情報はどんどん汚れていってしまいます。延滞・未払いなどの心当たりがある人は、むやみに申し込みをすることは控えましょう。



ろうきん(労働金庫)でお金を借りる

労働金庫

労働金庫(ろうきん)を知っていますか?『ろうきん』にもカードローンがあり、審査に通ることで条件をクリアすれば、お金を借りることができます。ここでは、ろうきんについての簡単な説明をして、具体的な申込方法や審査などについては、別ページに詳しくまとめたのでそちらをご覧いただければと思います。

労働金庫とは?

『ろうきん』と略される労働金庫は、全国に13箇所の営業所があります。




ろうきんは、非営利の金融機関です。労働金庫の成り立ちは、労働組合や生活協同組合の働く人が、互いに助け合うために資金を出し合って作られました。

マイカーローン、教育ローン、住宅ローン、そしてカードローンと非営利ではありますが、運営資金を賄うために、様々な金融サービスを提供し、お金を運用しています。今回特筆する、『マイプラン』はろうきんのカードローンの名称です。今回は、ろうきんのカードローン『マイ・プラン』のお金の借り方について詳しくまとめました。気になる方は、こちらに詳しくまとめたので、ご覧ください。

労働金庫でお金を借りる方法>>


公的機関でお金を借りるには

ここでは、市役所でお金を借りる方法(生活福祉資金貸付制度を利用)と、個人事業主の方や中小企業の社長さんに貸付を行っている日本政策金融公庫のことを中心にお伝えします。


生活福祉資金貸付制度とは?


生活福祉資金貸付には、大きく分けて5つの資金の種類があります。

 生活支援費

 住宅入居費

 一時生活再建費

 福祉費

 緊急小口資金

こちらの厚生労働省のページにそれぞれの資金についての説明があるので参考にしてください。貸付の対象となる人は、低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯となっています。生活福祉資金貸付制度を利用したい方は、別で詳しくまとめたので気になる方はこちらをご覧ください。

生活福祉資金貸付制度の詳細を見る>>


日本政策金融公庫は、事業主の味方


日本政策金融公庫日本政策金融公庫は、小規模事業、中小企業、農林水産業の事業主に融資を行っている株式会社です。融資の種類は様々で、経営変化(事業の悪化を含む)に対応するサービスから、新規ビジネスの開業資金など多くのサービスがあることで知られています。CIC(信用情報機関)での信用情報をもとに審査し、時間も20日から1ヶ月ほどかかると言われています。

しかし、銀行や消費者金融にはないほどの低金利でお金を借りることがでいるので、資金計画をきちんと練った状態で申し込めば、事業主の方の大きな味方になること間違いないありません。日本政策金融公庫でお金を借りるのはどのようにしたらよいか、別ページに詳しくまとめました。詳しく知りたい方は、下のリンクを辿ってください。

日本政策金融公庫でお金を借りる>>


社団法人でお金を借りる

知名度は低いかと思いますが、一般社団法人『生活サポート基金』という団体があります。

生活サポート基金では

借金の返済で困っている

家賃や税金、学費や公共料金などの支払いができないでいる



など、お金がなくて生活に困っているが、もう消費者金融や銀行などから借入できない方が、生活を再建するために作られた団体です。

ただし、<<目的は生活再建>>です。その場凌ぎの借入ではないので、審査も非常に厳しいです。また、金利も12.5%以内と安い金利ではありません。今の借金生活から<絶対に抜け出したい>と考えている方は、別ページに詳しくまとめたのでこちらをご覧ください。

生活サポート基金についての詳細>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>