【お金を借りる】賢い人の金融会社の選び方

ヘッダー

大きなお金を借りる方法

    

総量規制がない銀行カードローン

どうしても大きな額のお金を借りる事態になった時は、どこでどれくらい借りられるのかが気になります。すぐに融資してくれるところなら、消費者金融が思い浮かびますが、消費者金融で借りる場合、総量規制があるのでまず自分は借りられるかを調べなければなりません。総量規制は、年収の三分の一までしか借りられないもので、例えば年収が600万円の人だと200万円までしか借りられないのです。消費者金融ではこれがひっかかってしまいますが、銀行カードローンは総量規制対象外となっています。ですから大金を借りるなら銀行カードローンがおすすめです。

たくさん借りられるのは銀行

融資の限度額も消費者金融と銀行とでは違います。消費者金融では300万円から500万円を限度額としているところが多いですが、銀行カードローンでは、500万円から800万円となっており、かなり大金の融資が受けられます。気になる金利ですが、信販会社や消費者金融では100万円以上の場合、上限の金利を15%までにしています。これは利息制限法に基づいたものだと考えられます。銀行カードローンは、だいたい14%を上限としていますので、こちらでお金を借りる方が少し金利の負担が軽くなるでしょう。大金を借りると、当然のことながら返済期間も長くなりますし利息負担額も多くなります。そのあたりをよく計算して、返済計画を立てるようにしたいものです。

使いみちはきちんと伝えて

銀行カードローンや消費者金融の大口融資は、使いみちは自由です。ですから、家のリフォームに使うとか車を買う、結婚資金にするなど用途が広いのが特徴です。中には、他社でいくつかある借入をその融資してもらったお金で返済してしまうという人もいます。ただ、そういった場合は審査をした時に他社に借入があるのがわかりますから、多重債務になるのではないかと思われ、審査が通らない可能性があります。審査では何に使うのかを聞かれます。いくら使いみちが自由といっても、理由もなく大金をポンと貸してくれるところはありません。ですから使いみちを聞かれたら、他社での借入を一括返済してひとまとめにすると伝えた方が良いでしょう。借入を一つにまとめてしまえば、支払い日は月に1回だけになります。あちこちに返済していると、支払い日や返済額がいろいろですから管理しにくいものです。まとめてしまえば管理がとても楽になりますから、支払い忘れなどが起こりにくくなります。