【お金を借りる】賢い人の金融会社の選び方

ヘッダー

学生がお金を借りる

    

学生がお金を借りることはできる?

大学生など、実家から離れて暮らしていると親からの仕送りだけでは足りないこともあります。自分でもアルバイトをして何とか不足分を補おうと頑張っていても、それ以上の出費がある時もあります。親には仕送りしてもらっているのに、さらにそれが足りないとは言えないですし、友人に借りるなんてこともしたくない。そんな時はどうすれば良いのかですが、大手の消費者金融では、満20歳~69歳までで安定した収入がある人が申込条件になっています。20歳の大学生で、アルバイトをしていて毎月安定した収入がある場合、申し込みはできます。実際に20歳を超えた学生が消費者金融を利用していますので、審査の結果次第と言えるでしょう。

審査で重視されること

最近はアルバイトをしている学生が多く、比較的安定した収入があるようです。そのため、消費者金融側も学生でも利用できるようにし始めました。しかし、学生だとどうしても審査で不利になるのではと考えがちです。収入については多いに越したことはないのですが、学生でアルバイトをしているのならそれほど高収入ではないと消費者金融側も理解しています。ですから、収入額はあまり問題にされず、毎月きちんと収入があるかを重視します。また、他に借入がないか、金融事故はないかなどは厳しくチェックされます。学生の場合、他で借入があるという人はあまりいませんが、例えばスマートフォンを分割で買って、その代金を延滞した、などの情報があれば審査に通らない可能性があります。貸したものをきちんと返してもらえるかどうかを審査していますので、このような情報はとても不利になります。クレジットカードで買い物をして、その支払いが遅れたりした場合も情報に載りますので注意してください。

審査で有利な条件

学生でも審査をパスしてお金を借りることができるには、どんな条件があれば良いのかというと、やはり安定した収入です。短期のアルバイトを転々としているよりも、長期で1年以上アルバイトをしている学生の方が審査では有利になります。短期のアルバイトだと、その仕事が終わった後、少しの間でも無収入の期間があるわけですから、貸す側からすると返済するお金は捻出できるのだろうかと不安になるものです。すぐに次の仕事があれば良いですが、なかなか見つからなかった場合は当然収入が無くなりますから返済できなくなります。お金を借りる時の審査は、長期アルバイトの方が有利であると言えるでしょう。

学生でも即日可能な消費者金融

プロミス
モビット